• HOME
  • プロジェクトの紹介
  • プロジェクトの概要(『誰もが楽しく歩いて暮らす』をコンセプトに、産学官民協働でコミュニティづくりに取り組んでいます)

プロジェクトの紹介

プロジェクトの概要(『誰もが楽しく歩いて暮らす』をコンセプトに、産学官民協働でコミュニティづくりに取り組んでいます)

◆解決したい課題

◇健康寿命の延伸:外出頻度や歩数の少なさは、死亡や要介護状態のリスク要因である。

◇足腰の弱り:地域高齢者の“歩いてお出かけ”に関する重要性認識は高いが、少し足腰が弱り始めるととたんに歩かなくなり、外出を控える傾向がある。

◇自力で歩くことは「生きる原動力!」:工学技術を生かしながらも、技術に頼りすぎない『歩行補助車』を活用した歩行支援に着想した。

◆本件研究が目指す社会像

◇誰もが楽しく歩いて暮らす:歩行補助車が高齢者の生活を助け、その地域で見慣れた風景になれば、歩行補助車は地域の文化となる。歩行補助車の助けを少し借りながら、自分で歩いて住み慣れた地域で普通に暮らす。それが、本研究会の目指す高齢社会のデザインである。

◆研究開発目標

◇歩行圏コミュニティづくり:元気な高齢者はもちろん、少し足腰が弱くなった高齢者も積極的にまちに出かけ、活き活きと交流を楽しみ、健康を維持することができる生活圏を『歩行圏コミュニティ』と定義し、その実現を目指す。